FC2ブログ

助成金のスペシャリスト★「生活保護」と「年金の受給年齢の引き上げ」 - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 社会保険労務士 » 「生活保護」と「年金の受給年齢の引き上げ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生活保護」と「年金の受給年齢の引き上げ」

厚生労働省は9日、
今年7月に生活保護を受けた人が前月比8903人増の205万495人に上り、
集計が始まった1951年度以降で過去最多になったと発表しました。

景気悪化や雇用の非正規化に伴う失業、
高齢化の進展が主な要因だそうです。

会社設立起業独立創業)し、
経営する側からすると、
非正規にでもしておかないと労働関連法令をみるとリスクとなってしまうので、
やむを得ない選択ではあります。

そこで思うのは、
先日ニュースで取り上げられていた年金の支給年齢の引き上げの話しです。


高齢化が原因なら、
年金の支給年齢を引き上げると余計増えてしまうのではないかと思ってしまいます。
ところがそうはならないでしょう。

結局、こうなるような気がします。

年金の支給年齢を上げる

定年の引き上げ(高齢者の雇用の確保のため)

若年層の採用枠の削減

若年層の生活保護の受給者の増加

現役世代の保険料の徴収額が減少

年金の支給年齢が上がる

現役世代がバリバリ稼いで、
保険料の徴収額を多く回収するような流れにもっていって欲しいですね。
もちろん、環境のせいにせず自分から仕事は勝ち取るものですが、
なかなかそれに気づく人は少ないのが現状です。

余談ですが、社労士をしていると自分の無能ぶりを棚に上げて、
会社のせいにして辞める人への対応が一番しんどいです(苦笑)

今のままでは年金をあてにする若者はいなくなってしまいそうです(>_<)
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/160-4eecd29c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。