助成金のスペシャリスト★職場で激増!ハラスメント② - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 労務管理 » 職場で激増!ハラスメント②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場で激増!ハラスメント②

近年よく聞くパワーハラスメント(パワハラ)ですが、
もともと日本の造語で、法律的な定義はありません。

本人のためを思って言った厳しい言葉が、
相手に伝わらないことほど悲しいことはありません。

会社設立起業独立創業)し、
社員数が増えてくればくるほど、
コミュニケーションをとる頻度は下がります。
そうなると、数少ない一言の重要性が増えます。
以下は、
パワハラになりがちな叱責(しっせき)例です。
・自分の価値観で一方的に相手を否定する。
・相手を受け入れずにダメ出しをする。
・業務上の注意を逸脱し、相手の性格や癖などの人格を否定する。
・相手の立場や環境を全く把握しないで叱る。

反対に、
コミュニケーションのある指導例です。
・相手の価値観を認めたうえで、注意する。
・相手の長所を認めつつ厳しく言う。
・あくまで業務や役割の範囲内で、注意する。
・相手の置かれた立場や状況を考慮に入れた叱り方をする。

参照:「職場でできるパワハラ解決法」(日本評論社)

必ずしも上記の例があてはまるとは限りませんが、
線引き自体がそもそも出来ません。

罪を憎んで人を憎まずで、
人格否定を受け取られないように意識を持つことが大切だと思います(^^)
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/140-190bf6a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。