FC2ブログ

助成金のスペシャリスト★うつ病を見える化できる「光トポグラフィー検査」 - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 労務管理 » うつ病を見える化できる「光トポグラフィー検査」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病を見える化できる「光トポグラフィー検査」

年代によって受けてきた指導方法が違うので、
多少反抗的な態度を取られたり、
すぐ落ち込んだりすることはあるものの、
「2,3度注意しただけでうつ病の診断書を持ってこられた・・・」
これに近い経験を部下を持つ方はあるのではないでしょうか?

特に会社設立起業・独立・創業)すると必ず今後出てくるでしょう。

そんな中、ダイヤモンドオンラインで興味深いニュースがありましたので、
ご紹介します。

うつ病を見える化できる「光トポグラフィー検査」というものです。



日本人が一生涯のうちに
うつ病」を患う確率は6~7%といわれています。
欧米の有病率は15%前後であり、
世の中に「うつ病」「うつ状態」という言葉が蔓延している割に発症頻度は低い。
ただこのところ、一般内科で「気分がめいる」「眠れない」と訴え、
うつ病と診断されるケースが増えているのは事実です。

本来、うつ病をはじめとする気分障害は診断が難しく、
精神科でも確定的な診断を下すまでには時間がかかるようで、
しかも問診しか診断する術がないため、誤診する可能性もあるということ。
なんとか客観的にうつ病を診断する手段がないか、
とたどり着いたのが「光トポグラフィー検査」というものです。

健常者:  脳の使い始めにどっと血流量が増え、
      活動中は高値で維持される。
うつ病患者:課題の始まりに反応するが、
      血流量がなかなか増えない

という特徴があり、これを数値化する装置だそうです。

2114285699_1c279b3a49_m.jpg

光トポグラフィー検査
昨年5月に厚生労働省の先進医療に指定され、
国内10施設で受けられるということですが、
問い合わせが殺到し、
なかなか予約できない状況が続いているようです。

うつ病に関しての対応で会社が頭を悩ますのが、
復職のタイミングです。

これまでの問診頼みでは、
本人が大丈夫と言えば、通常復職を止めることは困難です。
しかしその結果復職→休職を繰り返し、
現場に混乱をきたすというトラブルが起こる可能性があります。

しかしこの装置によって、
スムーズな復職の手助けとなれば嬉しいですね

関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/128-870a666b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。