助成金のスペシャリスト★毎年上昇?社会保険料の今後の見通し - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 社会保険労務士 » 毎年上昇?社会保険料の今後の見通し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年上昇?社会保険料の今後の見通し

会社設立起業独立創業)した以上、
社会保険への加入は原則義務となります。

毎年その社会保険料率は上昇しています。
今年も9月分の厚生年金保険料率が上昇しました。

顧問先の皆様にはお知らせした通りです。

今回先だって3月に保険料率が上昇した健康保険料率について、
今後の見通しを協会けんぽが、決算報告と合わせて発表しました。
平成22年度は2896億円の黒字ということです。
しかし、協会けんぽの医療費(支出)は、
高齢化や医療技術の高度化のため、
毎年2000億円規模で増加すると見込まれているそうです。

今年度は約9.5%(東京都)ですが、
そういった状況を踏まえ、
今後の見通しとして、
加入者(我々被保険者)の給与の動向によって、
以下の3パターンを示しています。

①毎年0.7~0.8%上昇した場合
24年度: 9.8%
25年度:10.0%
26年度:10.2%
27年度:10.4%

②全く上昇しない場合
24年度: 9.8%
25年度:10.1%
26年度:10.5%
27年度:10.7%

③毎年0.6%下がる場合
24年度: 9.9%
25年度:10.2%
26年度:10.7%
27年度:11.0%

このままでは③の可能性が大でしょう。

この制度に文句や不満を言ってもしょうがないので、
我々に出来ることをすべきでしょう。
それは以下の2つだと思います。
①日々の体調管理で、なるべく医者にかからない。
②業績を上げて毎年給与を上昇し続けられるようにする。

これまで日本経済を支えてきた高齢者が、
病院にかかりづらくなる状況を作っては、
我々現役世代の恥です。

頑張りましょう
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/126-4eb6c99d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。