助成金のスペシャリスト★助成金申請の特例 - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 助成金 » 助成金申請の特例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

助成金申請の特例

通常、助成金はそれぞれに申請期限があり、
1日でも過ぎると受理されません。

しかし、そんな助成金にも特例が認められ、
その申請期限までに提出できなかった場合でも、
受理してもらうことができます!
それは、この度の東北地方太平洋沖地震の影響
(道路の寸断、書類の紛失など)により、遅れてしまった場合です。

支給申請などが可能になった後、
一定期間内にその理由を記載した理由書をつけて提出すれば、
期限までに申請したものとして取り扱われます。

主な対象助成金とその期限です。
参考にしてください!
特定求職者雇用開発助成金・・・7日以内
派遣労働者雇用安定化特別奨励金・・・7日以内
受給資格者創業支援助成金・・・7日以内
3年以内既卒者採用拡大奨励金・・・1か月以内
試行雇用奨励金・・・1か月以内
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/117-ac885943

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。