助成金のスペシャリスト★最低賃金の引き上げ! - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 社会保険労務士 » 最低賃金の引き上げ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低賃金の引き上げ!

平成23年10月から適用される最低賃金が発表されました。
(顧問先の皆様には先程メールにてお知らせ致しました!)

最低賃金制度とは、
最低賃金法に基づき国が賃金の最低額(時給)を定め、
企業はその最低賃金額以上の賃金を
従業員に支払わなければならないとする制度です。

月給で支払っていても労働時間で割ると出る時給が、
下回っていると違反となってしまいます!

地区ごとにそれぞれ賃金額が定められています。
主な地区の賃金額は以下の通りです。

5552813094_e217f33dcf_m.jpg
東 京 821円→837円(10/1より)
神奈川 818円→836円(10/1より)
千 葉 744円→748円(10/1より)
埼 玉 750円→759円(10/1より)

昨年もそうですが、
東京都神奈川県は嫌がらせのように大幅に引き上げられました

もしも、この改正を知らずに、
支払っていた賃金が最低賃金額未満であった場合、
その差額を速やかに支払わなければなりません。

支払わない場合は最低賃金法違反として、
罰則(50万円以下の罰金)が定められています。

最低賃金の対象となる賃金は、毎月支払われる基本的な賃金です。
通勤手当は最低賃金の対象となる賃金には含まれません。

他にも、結婚手当等の臨時に支払われる賃金、賞与、
時間外割増賃金、休日割増賃金、深夜割増賃金は
最低賃金の対象となりませんので、除外して計算する必要があります。
気をつけて下さい!
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

いつも読んでいます!

 私も東京で会社経営をしておりますので、最低賃金の引き上げは会社にとってとても影響が大きいです。最低賃金の対象となる賃金に、通勤手当などが含まれないということを知りませんでした。早速、社員の給与等の見直しをしたいと思っております。
 社会保険労務士大塚様のブログはいつも勉強になります。ありがとうございます。

2011-09-07 10:51 │ from JJURL

Re: いつも読んでいます!

いつもご覧いただき、ありがとうございます!

お役に立てて嬉しいです!

今後も情報発信していきます!

2011-09-07 19:51 │ from 大塚労務事務所URL

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/113-7b663b27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。