FC2ブログ

助成金のスペシャリスト★いじめ?嫌がらせ?~労働トラブル事例③~ - 社労士大塚の業界No.1への道

社労士大塚の業界No.1への道 ホーム » スポンサー広告 » 労務管理 » いじめ?嫌がらせ?~労働トラブル事例③~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ?嫌がらせ?~労働トラブル事例③~

会社設立起業独立すると残念ながら、
従業員とトラブルを起こしてしまうことがあります。
そう行った際には、まずは労働基準監督署を介して解決がなされます。

労働基準監督署は、文字通り「労働基準法」に違反していないかを監督する機関です。
したがって、民事レベルの争いになると関与できません。
(例えば、和解金の金額の妥当性の審査)

しかし、労働基準監督署でも決着が着かないようであれば、
従業員が申し出ることでその上の労働局が間に入って解決にむけた話し合いをすることがあります。

今日はその労働局で取り扱われた事例をご紹介します!

584465_70582198.jpg


概要)
A館の洗い場で働いているが、以前のB館勤務時にうつ病になり、
今なお通院している。
上司や同僚から「うつだから入院すればよいのに・・・」
などと陰口を言われるなどのいじめを受けている。

そういった背景がある中で、理由もなく上司より再びB館への異動を命じられた。
うつ病の悪化が懸念され納得できないので、
嫌がらせをなくすよう職場環境の改善及び移動理由の説明を求める。

東京労働局の指導・助言)
あらためて自主解決を求める。

結果)
継続して勤務することとなる。
(本人は冷静に話し合えたことで精神的に楽になったようです。)

と、このような流れで合意まで至るのですが、
実際にこのようなケースは相談を受けます。

うつ病に関しては、そもそもうつ病だった者を採用したのか、
それとも職場でうつ病を発症してしまったのかによって、
対応は変わるでしょう。
今回は、後者ですから、より慎重な対応が求められました。
しかし、まだ軽度だったためか、比較的スムーズに解決に至ったと思います。

計画的に会社設立起業独立)したといっても、
人を採用する以上、思う通りにはなかなかいきません。
まずは、応募があった人間の中から判断するのか、
それとも求める人材像を明確にしてそれに合った人間を採用するのか。
あらためて原点に立ち返ることが大切だと思います。
関連記事
ブログランキングに参加しています!よかったらクリックお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ人気ブログランキングへ
Ranking! FC2 Blog Ranking
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://sr1otuka.blog66.fc2.com/tb.php/100-c8709816

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。